ローディング中です

ABOUT

Unityインターハイ2016とは?

全国の高校生や高専生、および小・中学生によるゲーム開発の全国大会です。統合ゲーム開発環境ソフトウェア「Unity」を使ってオリジナルゲームを開発し、Unityインターハイで発表しよう。審査にはゲームを愛するエキスパート達が登場!作品のオリジナリティや完成度を公正に審査します。キミの作るオリジナルゲームでゲーム開発の全国優勝をめざそう!
作品応募のルールはこちら

GUIDELINE

募集要項

日程
  1. エントリー受付開始

    2016年4月27日(水) 作品開発テーマも同時公開
  2. エントリー締切

    2016年7月31日(日) 23:59まで
  3. 作品提出締切

    2016年8月31日(水) 23:59まで
  4. プレゼン発表

    2016年9月25日(日) 秋葉原コンベンションホール
応募資格 2016年9月25日の時点で高校生・高専生以下であること。(年齢制限はありません)
エントリーおよび作品開発・応募は、同じ学校に在籍している1~3名までを1チームとして行うこと。
「作品開発テーマ」に則ったオリジナルのゲームを開発すること。
参加費 無料

予選通過した場合、開発メンバーのプレゼン発表会への往復交通費はユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが負担します。

作品応募のルールはこちら
イベント概要PDFはこちら

JUDGE

審査員はこちらの方々

  • 山本正美

    次世代の才能との出会いを楽しみにしています!

    山本 正美

    株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントコンテンツマネジメント部部長兼シニアプロデューサー

    クリエイターオーディション「PlayStation CAMP!」を主宰。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズのプロデュースを経て、『TOKYO JUNGLE』などを生み出す。外部制作部長として、『ソウル・サクリファイス』『フリーダムウォーズ』をプロデュース。最新作『Bloodborne』が全世界で大ヒット中。

  • 千葉 慎二

    キミのひらめきが新たなゲームの歴史となる。

    千葉 慎二

    日本マイクロソフト株式会社デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト

    ハドソン中央研究所で様々なゲームのベースシステムを開発後 Microsoft に転職。ゲーム機向けの組み込み Windows OS の開発を経験し、Xbox 初期メンバーの一人として Original Xbox, Xbox 360, Xbox ONE の技術サポート、SDK 開発などを行う。近年は Kinect, HoloLens といった新しいテクノロジーを啓蒙するエバンジェリストとして活躍し、研究者や学生向けの支援活動を担当。

  • 鳴海 拓志

    世界の見え方が変わるようなアイデアのゲームに期待!

    鳴海 拓志

    東京大学大学院情報理工学系研究科・講師

    拡張現実感技術で食品の見た目と匂いを変化させることで味を変える「メタクッキー」、同様に食品の見た目の大きさを変化させることで満腹感を操作する「拡張満腹感」など、バーチャルリアリティ技術と認知科学・心理学の知見を融合することで人間の五感や能力を変化させる人間拡張技術の研究に取り組む。博士(工学)。

  • 簗瀬 洋平

    「おもしろい」までは当たり前。伝わる工夫をしよう!

    簗瀬 洋平

    ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社プロダクト・エヴァンジェリスト

    SCE、ゲームリパブリックなどでゲームデザイナ/シナリオライタとしてゲーム制作に携わる。主なプロジェクトは「ワンダと巨像」「魔人と失われた王国」など。2012年よりスクウェア・エニックスでリサーチャーに転進、現在はユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社で学術・教育方面を担当しつつ研究者として活動。

ENTRY

まずはエントリーしよう。

下記のボタンからフォームを開いて、Unityインターハイへのエントリーを行ってください。

チームメンバー自身からのエントリーをお願いします。教員・学校関係者やご家族など
チームメンバー以外の方が行う必要がある場合はお問い合わせフォームよりご相談ください。

エントリーはこちらから
Unity5 Personal Editionのダウンロードはこちら
よくあるご質問はこちら
前の大会の様子
Unityインターハイに関するお知らせ※メールでのお知らせはありません
Go Top